月別アーカイブ: 2007年2月

ぽすたー

学生のときと変わらない勢いですが、
発表直前になって大あわてです。もー。明日には印刷を手配しなくっちゃ。
しかし、研究室に iMac が入ったり、自分のノートも MacBook になったりして、編集環境が一気に強力になったので、とっても快適。すばらしいです。
そうそう、研究室ではずっとメインに PowerMac 使ってたんですが、iMac 20″ + 20″ cinema display (ちょっと昔のやつ) になりました。画面がひろーい。でも、メモリが 2GB しかないので、ちょっとした分析をやるときなんかは、まだまだメモリを 7GB 積んでいる PowerMac の出番がある感じ。

オルセー展とか

今年のテーマは文化的な生活なので、美術館とかコンサートにときどき行こうと思ってる。
で、土曜に東京都美術館いってきた。オルセー展。
なんか、すごい行列でどうなることかと思ったけれど、25分待ちとかそんな感じだった。適切に入場規制されており、中はそれほどひどい混雑でもなく、わりとちゃんと見られた。まあ、会場はやっぱりちょっと狭いんだけど。
美術は素人ですが、日本でやる展示ならちゃんと日本語の解説がついていたりするわけで、ちゃんと楽しめるのがいいね。スペイン語とかフランス語だと何がなんだかわかんないし。
あと、オルセーが所蔵している古い写真なんかも展示されており、非常に興味深かった。乾板だけじゃなく、湿式のガラス板なんかを感材に使っているのとかもあり、それは当然引き伸ばしじゃないわけで。1900年前後の風景写真とかあるんだけど、なんか、すごかった。芸術です。
そうそう、上野公園は桜が咲いてましたー。
DSCN0851.JPG

macbook

1ヶ月足らずですっかり手になじんだ感のある MacBook ですが、すげえいい感じです。
PowerBook G4 時代は Keynote で巨大なポスターとか作ってると、むきー、とかなってたわけですが、そりゃもう速いです。きわめて快適。
なによりも、iBook に比べると格段にキーボードがいいです。PowerBook / MacBook Pro と比べれば安っぽいのは確かですが、iBook とは比べものになりません。なんていうか、メカニカルな仕上げとしては much more than iBook な感じで、これが 18 万っていうのは超お買い得。
しかし、ゲノム屋としては、せっかく 64bit なプロセッサなのにメモリが 2GB しか積めないのが悲しいところです。そんな使い方するなって?

Mayday! Mayday!

メールサーバ関係の障害が立て続けに2件。
2件目は、でっかいメールが spool に詰まってディスクがあふれただけで、たいしたことなかったんだけど、1件目は木曜の夜12時くらいから対応をはじめて、結局終わった (というか、DNS が絡む問題だったので、直ることを期待してあきらめて寝ることにした) のが午前4時半。今週は仕事がかなり肉体労働寄りになっており、体力的にだいぶやられていたところを、一気にノックダウンされた感じ。もー。
あれだ、どうでしょうでいうところの「いぶし銀のレスラー」という奴だ。
で、金曜は仕事が終わって、昼間は、ごはんを食べる以外は寝てたんですが、夕方から起き上がって自宅で仕事を再会したらえらく腰が痛くて、参った。バンテリンとか塗って、11時半くらいまで頑張った結果、けっこういい感じに進んだので寝る。いくらでも寝られますよもう。
救難信号の mayday って、フランス語の m’aider (= help me) なんですね。はじめて知りました。辞書ってすごい。
あ、土曜は平和でした。

ニセ科学とかニセ番組とか

2/22 の Natureに、納豆番組事件の顛末その他が載ってる。
Japanese TV show admits faking science (p804)
Programme makers redubbed interviews and changed experimental results.
David Cyranoski
doi:10.1038/445804a
なんていうか、Nature でたたかれるようになっちゃ、日本のテレビもおしまいだ。
そうそう、「マイナスイオンは不当表示ですよ!」というのが、東京都の広報に載ってましたね。すばらしい。