月別アーカイブ: 2011年4月

沖縄 Days

沖縄にきて思ったこといろいろ。
– 東京以上にコンクリートジャングルだと思う。木造住宅がほとんどないので、みんな鉄筋コンクリートの四角い建物で、しかも潮風で傷んでいる。那覇とか浦添あたりは建物が密集しており、市街地はかなりの圧迫感がある。東京のコンクリートジャングルは、基本的に高層ビル街であり、周囲にちゃんと計画的に緑地なんかが配置されているのでだいぶ違う感じ。
– 道路が広い。58号線なんか片側3車線だし、330号線も那覇から浦添あたりは高速道路みたいだ。みんな運転がワイルドでけっこうドキドキする。大きな国道は中央分離帯があるので、あちこちで U ターンする人もいる。だいぶ慣れたけど、自分でやるのはちょっと度胸がいる。車の流れはわりと速いけど、そんなに無茶して飛ばしている感じはしない。むしろ夜中の東京の幹線道路とかのほうがみんな飛ばすかも。
– でも家の前とかはやたら道が狭い。幹線道路から一歩入るとどこもそんな感じみたいだ。僕が買ったのは軽自動車だから問題ないけど、おなじ駐車場に普通にクラウンとか停まっている。どうやって入れるんだろ。てか、家から通りにでたところの会社の人、毎日路上駐車するのやめてほしいんですけど。車がきてても見えないんで・・・ま、でも、細かいことは気にしない♪
– 家は普天間基地の近く。夜もけっこう飛んでいるが、ヘリコプターが主だからなのか、滑走路の延長線上に家があるわけではないからか、そんなにうるさくはない。ヘリの騒音というのはそれなりのものだけれど、調布空港を離陸したレシプロ機が実家の直上を低空で通過するのに比べれば・・・という気もする (実は小型のレシプロ機というのは、真下だと排気管の都合で、かなりうるさい)。だけど、基地問題というものを肌で感じて、いろいろと考えさせられる。
– 朝8時に基地のほうから、「星条旗よ永遠なれ」に続いて「君が代」がきこえてくる。国旗の掲揚か、朝礼みたいなものでもあるのかしら。でも、日本の国旗国歌問題はともかくとして、米軍はちゃんと(少なくとも形の上では)日本に敬意を払ってくれているんだな、と思った。基地の中は完全にアメリカ、というイメージが先行しており、君が代が聞こえてくるのはちょっと意外だった。
– 沖縄の人は「〜いたします」みたいな場合に、「〜しましょうねー」という表現をよく使う。これが実に優しく聞こえて、癒される。市役所のスタッフや警察の窓口 (別になにかで捕まったわけじゃなくて、免許証の住所を書き換えてもらいにいった) も実におおらかだった。大学の事務とかもゆるーい雰囲気で、よかった。
– スーパーではわりと普通に魚を売っている。おいしいかどうかは、まだ食べていないのでわからない。お味噌と、おかめ納豆についていたタレはやたらとおいしかった。幸せ。県内産の野菜も豊富。大きさが不揃いなのとか当たり前なのが、非常にいい。農産物ってそういうもんだろ、と思う。なるべく県内産を食べるようにしようと思う。
– よく沖縄出身に間違えられる。大学の先生方には、「長名先生って沖縄のご出身ですか?」とよく聞かれるし、ガスの開栓にきた業者さんにも出身をきかれたあとで「ずいぶん沖縄は長いんですか」と尋ねられた。なんか、すっかり馴染んで見えるらしい。
– 気温は20度から25度くらい。まだ梅雨の前だからなのか、湿度はだいぶ低くて、手がかさかさしたりするくらい。洗濯物もすぐ乾く。ただ、梅雨をすぎて夏になると何がどうなるのかわからないのでとりあえず除湿器買った。
– だいぶ西なので、日没はさすがに遅い。6時過ぎてもまだ出歩ける感じ。
– この季節にも修学旅行がいっぱいくるらしい。いつ飛行機に乗ってもうしろのほうは修学旅行生。
– 最強食堂は最強すぎる。ごはんつくる気力がなくなったら行こう。

ANA 128 / 106

4/9 に沖縄輸送サービスさんのトラックが東京の実家にきて、梱包しておいた荷物を積んでいった。11日船積み、12日東京出港、14日那覇入港で、15日の金曜日に荷下ろし。東京港と那覇港でそれぞれトラックとコンテナの積み替えがあったのだけれど、12ftコンテナを貸し切りにしてもらって、17万2千円。
僕は14日に那覇に飛んで、家具やら家電やら、自動車やらの手配で駆け回る。一日で160万円くらい (といっても、自動車が飛び抜けて高い訳だけれど) 使って、ちょっと経済感覚がおかしくなりそうだった。しかし、14日に管理会社さんへお伺いしてみると、15日から入居の予定だったのに、工事が終わらなくて19日から、と。でも荷物はたまたま空いていた隣室へ置かせてもらえることになった。15日は家の前でトラックを待ち構えて、レンタカーで手配した軽のバンに、研究室へ持って行く荷物を積み替えつつ隣室へ荷物を搬入。かなりきつかったが、運送会社の方々がかなり頑張ってくださって、無事におわった。東京から手伝いにきてくれたヒロミチ、本当にありがとう!
今週は18日に授業が入るかもしれなかったので、17,18と東京滞在。17日にはParadaで送別会もしていただきました。愉快なメンバーがそろって大変楽しかったです。ありがとうございました。
19日の朝は粗大ゴミに出す学習机を自宅の車庫に移動して、僕は羽田へ、両親は信州へ。ギターと 30kg (!) のスーツケースをタクシーに乗せて駅まで。新宿まで電車で出て、そこから山手線には荷物が邪魔で到底乗れそうにないから、羽田行きのバスに乗った。午後、那覇空港の近くでレンタカーを借りて、マンションのカギを受領、荷物の搬入・開梱とガス・水道の開栓、夕方には那覇に出て電器屋さんやらなにやらを回り、日付が変わる頃に敷き布団だけ敷いて気絶。
20日は冷蔵庫と洗濯機と、ベッドと本棚が届き、東京から送った郵便小包も到着。合間に市役所で転入手続きをして、そのあと警察署で免許証の住所書き換え。夕方にはガスコンロやらなにやらの買い物をして、冷蔵庫が届いたから食料品の買い出しも。荷物の開梱もだいぶ進んだし、なにより洗濯ができるのがありがたいし、ベッドもある幸せ。
21日から自炊生活。沖縄の食材はかなりおいしいことがわかった。スーパーには普通にお魚も並んでおり、県内産の野菜も豊富。これはいけてる。お味噌とかもかなりおいしい。午前中は書類をやっつけて、午後は大学へ行ったり、その足で自動車販売店へ回ったり。納車が 5/6 の予定だったのだけれど、4/30 に沖縄にくるとそのあとが連休でレンタカーが出払っているので困ったなあ、というお話をしたら、車体は 4/23 にくるからなんとか急いで仕上げて登録しましょう、とのこと。これは大変にありがたい。自転車があるから通勤そのものに不自由しないとはいえ、さすがに辞令交付の日にサイクルジャージ、というのはまずい・・・
そんなわけで、なんとか沖縄生活もスタート。いまは普通席を埋め尽くしてプレミアムまではみ出した修学旅行生に混じって伊丹行きの機内 (実は普通席がとれなくて、株主優待券使ってプレミアムの最後の一席取った) 。
今夜は京都で中学高校の同期と会って、明日から一週間は東京です。

沖縄スタートアップ

IMG_0973.JPG
沖縄への荷物の搬入をだいたい終えました。あとは手荷物だけ。
実は入居予定日に工事が終わっていなくて (!!) 家のほうはまだなのですけれど。
IMG_0978.JPG
研究室のほうは2/3くらい開梱を終えて、 Mac とか RAID とかオシロスコープが無事に動作することを確認しました。自分で全部梱包したのでかなりドキドキでしたが、本当によかった。
わざわざ沖縄まで手伝いにきてくれたヒロミチ、本当にありがとう!