月別アーカイブ: 2005年4月

はしった

むー、上りがもうちょっと長いルートがいいねぇ。
Lap 1 (くだり)3.69km, Av 39.1km/h
Lap 2 (県17号) 7.22km, Av 25.8km/h
Lap 3 (のぼり)4.15km, Av 18.7km/h
Lap 4 (帰り)3.29km, Av 29.2km/h
Overall 19.09km (13734km), Av 25.0, Max 68.1
2005043001.jpg
県道17号は、わりといい感じだ。
2005043002.jpg
最近上りのトレーニングに使ってるのは八ヶ岳ズームライン。
あんまりきつい坂じゃないし、長くもないのだけれど、
交通量もそこそこで、道も新しくて、走りやすい。

はしった

某所にて高地トレーニング中。
今日はウォーミングアップですよ。
往路 (上り基調) 7.6km 17分 26.8km/h
復路 (下り基調) 7.6km 12分 37.8km/h
Overall 15.69km (13715km) Av 30.6km/h Max 57.7km/h
なんか、精神的にすごく弱まってる気がします。
もっと気合い入れないとな。

車輪

買っちゃった。
自転車関係で大きな買い物するの久しぶりかも。
これ (シマノの WH-R550)。
2万円でこれが買えるってすごい。
水抜き穴がついてる。これは重要で、
いま使ってる WH-6500 は、土砂降りの日に走ると、
次の日に、リムの中を水が流れる音がしたりする。
リムの継ぎ目はスリーブジョイント。まあ、この値段だからな。
日常生活用のリムとして重要なのは、消耗のデッドラインを示すための
穴が開いていて、これは、自動車のタイヤと同じで、この穴の深さまで
リムが減ったらもう使えませんよ、という奴だ。
値段にしては、仕上げもきれいだし、性能的には充分そうだし、
使うのが楽しみだ。
あと、リム幅が Eurus と同じ約 21mm (リムフラップは 18mm) で、
交換したときにブレーキの調整がほとんどいらないのがすばらしい。
6500 は、だいぶ細いので、ブレーキの調整がしんどいのだ。

libsbml

SBML を読む: SBMLDocument_t* readSBML(“filename”);
モデル抽出: Model_t* SBMLDocument_getModel(SBMLDocument_t *d);
モデルからいろいろ抽出: ListOf_t* Model_getListOfSpecies(Model_t *m); とか、Species_t* Model_getSpecies(Model_t *m, int n); とか。
setter を使っていろいろいじったあとで、writeSBML(); を使うと、
ちゃんと保存できる。annotation とかはそのまま。
Specie とかの annotation を拾いたい場合は、
SBase_getAnnotation() を使えばよい。

でんじは

AC アダプタに PHS くっつけて使ってたら、リンクが落ちまくり。
HDLC Error とか、ログに残ってた。
5cm ほど離したら解決したよ。
NTT の、B-Flet’s 終端装置の上に、無線のアクセスポイント置いたら、
無線のほうのリンクが落ちまくり。
これも、離したら解決。
こういう障害って、けっこうあるもんですね。

車輪

今月のサイクルスポーツ買った。
そういえば、最近、車輪交換するのめんどくさくて、
Eurus 付けたまま大学行ってたわけですが、やっぱりもったいないよな。
Eurus、超スゲエっす。さすが Campagnolo って感じで。
適当なホイール組んでもいいかと思ってたんだが、
シマノの WH-R550 が二万切ってるとかいわれると、
もはや馬鹿らしくて自分で組めませぬ。
で、日曜に整備したついでに、WH-6500 に戻してあるんだけど、
リムサイド減りまくりで、そろそろやばいかも。

本棚リプレイス

本棚が決壊しかかっていたので取り換えた。
が、容量が減ってしまったよ。
前の本棚は、A4 の本が前後2列で入るサイズで、
めったに読まない本を後に突っ込んでたんですが、
んー。捨てちゃおうかなあ。古いマニュアル類とかなんだけど。